トップ通信教育課程の概要教育理念・教育目標

教育理念・教育目標

教育理念

技能と心の調和

専門的な知識や技術を学ぶと共に人間性豊かな心を併せ持つ人を育成するため、「技能と心の調和」を教育理念とする。

教育目標

自他ともに敬い愛する人として教育する

豊かな知性と感性溢れる人として教育する

健やかな家庭 社会を担う人として教育する

通信教育課程の目的

学位授与の方針(ディプロマポリシー)

◆保育学科
保育学科が目標とする保育者像
  1. 子どもと家族を支援するために必要とされる基礎的な知識・技術と社会観、生活力、実践力を修得した人。
  2. 一人ひとりの子どもの心と育ちを様々な観点から理解し、家庭な環境と関わりを通じて保育・福祉の実践ができる人。
  3. 事例研究を通じて保育・福祉に関する課題を分析したり、考察したりする方法を修得した人。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

◆大学
  1. 専門的な知識・技能と幅広い教養が身につくカリキュラム編成とする。
  2. 自らのもっている力を社会で生かすための免許や資格が取得できるカリキュラムを編成する。
  3. 豊かな表現力、論理的思考力、創造的思考力といったコミュニケーション能力の向上がはかられるカリキュラム編成とする。

◆保育学科
  1. 保育者に必要な態度や生活力、実践力を身につけるため、学科独自の教養科目群を編成する。
  2. 一人ひとりの子どもの心と育ちを様々な視点から理解し、家庭を視野に入れた保育・福祉が展開できる保育者を育成するために、実践的な内容を重視した専門科目を編成する。
  3. 保育者としての子ども観や社会観などを身に付け、基礎的な知識・技術を段階的に習得できるような保育学科全体のカリキュラム編成とする。
  4. 卒業論文で事例研究に取り組むことを通じて、2年間の学習総括を行い、保育・福祉に関する課題を分析したり、考察したりする方法を習得できるようなカリキュラム編成とする。

入学者受け入れの方針(アドミッションポリシー)

◆大学
  1. 大学生活を通して社会で自立・活躍できる知識・技能を身につけようとする目的意識がもち、意欲的に学ぼうとする姿勢をもっている人。
  2. 幅広く教養を身につけ、人間として成長したいという意欲をもっている人。
  3. 社会の出来事や状況に関心がある人。
  4. 自分の考えを文章や口頭で他者にわかりやすく伝えられる能力をもっている人。

◆保育学科
  1. 子どもの発達や関わり方に興味・関心がある人。
  2. 子どもや保護者などの支援をするために幼稚園教諭になりたいと考えている人。