トップ通信教育課程の概要沿革・学長メッセージ

沿革・学長メッセージ

沿革

1957年設立、歴史ある短大から生まれた通信教育課程
1957年学校法人小田原女子学院設立
1957年小田原女子学院短期大学家政学科設置
1960年小田原女子学院短期大学を小田原女子短期大学に改称
1969年小田原女子短期大学付属保育専門学校設置 保母養成校として指定
1971年付属保育専門学校 幼稚園教諭養成機関として指定
1972年小田原女子短期大学幼児教育学科を設置
1978年学校法人小田原女子学院を学校法人小田原女子短期大学に改称
1979年小田原女子短期大学付属保育専門学校を小田原女子短期大学付属保育学院に改称
1987年小田原女子短期大学付属保育学院を廃止
2005年栄養教諭二種免許状授与の課程認定(家政学科)
2006年小田原女子短期大学既設両学科の「入学定員及び名称変更」食物栄養学科、保育学科
2007年創立50周年
2008年短期大学基準協会による第三者評価にて適格認定
2011年収益事業開始(小田原子育てセンター管理運用業者の指定)
2014年学校法人三幸学園と法人合併、小田原女子短期大学を 小田原短期大学に改称
保育学科通信教育課程開設
2015年短期大学基準協会による第三者評価にて適格認定

学長メッセージ

学長・吉田眞理

小田原短期大学は「西湘地域に高等教育機関がほしい」という地域社会の念願を受け、閑院宮家から校地のほとんどを提供されて開学しました。
 
その建学の精神は
 
女子を      人として教育する
       女性として教育する
       国民として教育する          です。
 
建学の精神の「人として教育する」は人格教育を、「女性として教育する」は女性の属性とされてきた食や子育てを専門的な学問として究めた職業教育を、「国民として教育する」は社会の形成者としての市民教育を指しています。建学当時は女性の教育機会が少なかったことから、社会的要請に応えてこのような考えで女子短期大学を設立しました。
現在、通信教育課程では、学びの機会を求める人すべてに門戸を開きつつ、建学の精神にある人格教育と職業教育、市民教育に取り組んでいます。
本学の通信教育課程は建学の精神に基づき、幅広い教科目を配置しております。したがって、本学で学ぶことにより、保育の免許・資格を得るだけではなく、教養や社会性、課題解決力も身につけていただくことができます。本学で保育の免許・資格を得ることにより、子どもたちから慕われ、保護者や同僚、地域の方々から信頼される保育者として、社会で活躍する足掛かりが得られることと思います。
皆さまが、ご自身の将来を見据えて、また、未来を担う子どもたちのために、小田原短期大学で保育の免許・資格に挑戦されることを期待しております。


プロフィール&研究業績