教員メッセージ

保育・幼児教育のスペシャリストである
本学の教員からのメッセージ

学科長
上野奈初美 先生

基礎から実践へとつながる教育プログラム

小田原短期大学保育学科通信教育課程は、保育現場で通用する力を育てることを目的とした学びが最も大切であると考えています。「学習の手引き」を用いたテキスト科目は、一人でも無理なく学習を進めていくことができます。また、実技・演習科目を中心としたスクーリング科目では、アクティブラーニングを導入しています。これらの学びは、いずれも基礎から実践へと段階的に学びのステップを経た教育プログラムとなっています。
保育に関する専門領域についての深い理解と高度なスキルを修得するためには、ときとして困難を感じることもあるでしょう。しかしながら、保育者をめざすといった志を同じくする仲間と、皆さんの自主的な学びをサポートする教職員が小田原短期大学にはいます。スクーリングで出会うさまざまな年代の仲間や教職員との触れ合いも、通信教育課程ならではの魅力のひとつといえるでしょう。
本学の通信教育課程であなたの夢をぜひ実現させてください。
自らの可能性を信じて努力する皆さんを全力で応援します。

担当科目
身体表現系科目担当

佐藤みどり先生

スクーリング授業は、「保育者になる」という同じ志をもった仲間と一緒に学べる数少ない機会です。共にからだを動かしたり意見交換をしながら、さまざまな捉え方や考え方があることを知ることができます。心もからだも解放して授業に取り組むことで、ご自身の視野の拡がりを実感できるでしょう。

担当科目
心理学系科目担当

大浦賢治先生

通信教育というと、自分一人だけで勉強するから「孤独」だとか、「なかなか続かない」といったイメージを持たれがちです。ですが、それも工夫次第で変えられます。意志のあるところに可能性は開けます。私も働きながら大学を通信教育で卒業し、現在は短大の先生をしています。皆さん、私と一緒に頑張りましょう。

担当科目
音楽表現系科目担当

澤田優子先生

子どもの日常生活は様々な音にあふれています。
「きれいな音だな」「歌うって楽しいな」といった、子どもの何気ない音での表現を受容し共に楽しみ、その表現を膨らませていけるよう豊かな感性を育んでいきましょう。

担当科目
実習系科目担当

山本陽子先生

子どもが好きというだけでは保育者になれません。資格をとるためには、保育の知識と技術を身につける必要があります。また今の幼児教育の現場は、様々な背景を持つ子どもも増加しており、柔軟に対応できる力が必要です。たくさんの能力が必要な職業であることを理解し励んでほしいと思います。

担当科目
造形表現系科目担当

石黒芙美代先生

様々なものを「みること」、「つくること」を通して、みなさん自身が造形表現の面白さを実感することを大切にしてください。
その上で、保育者・教育者として必要な知識や技術を学び、身につけていきましょう。