2020年05月14日 (木)

本学教員が執筆を担当された論文が掲載されました

本学教員の綿引清勝先生が筆頭著者として執筆をご担当された論文「身体的不器用さを有する自閉スペクトラム症児の投動作課題における臨床的な特徴と介入効果について~投動作の質的な変化の違いに着目して~」が、NPO法人 日本自閉症スペクトラム学会の発行する『日本自閉症スペクトラム研究 第17巻 第2号』に掲載されました。
詳細につきましては、日本自閉症スペクトラム学会のホームページをご参照ください。

【詳細リンク】
  日本自閉症スペクトラム学会 ホームページ