資格

保育士とは

資格

保育士は、一般的に保育所など児童福祉施設において子供の保育を行います。
保育園で働く保育士は、子供を預かるということが仕事となりますが、ただ預かれば良いというわけではありません。保育園での生活を通して、基本的な生活習慣を身につけさせる指導や子供の安全の確保、集団生活の大切さなど保育士が責任を持って教えていきます。

幼稚園教諭との主な違い

資格保育士(国家資格)幼稚園教諭(一種、二種、専修)
管轄厚生労働省 文部科学省
目的何らかの理由で保育に欠ける乳幼児を預かり保育する。幼児を保育し、適切な環境を与え、心身の発達を助長すること。
年齢0歳~小学校就学前 満3歳~小学校就学前
預かる時間 原則8時間 原則4時間 

活躍の場

保育所、児童養護施設、児童家庭支援センター、乳児院、児童厚生施設 など

社会福祉主事任用資格とは

社会福祉主事とは、福祉事務所現業員として任用される者に要求される資格(任用資格)であり、社会福祉施設職員等の資格に準用されています。福祉六法に基づいて各種行政機関で保護・援助を必要とする人のために相談・指導・援助を行います。必要な単位を修得して正科生として卒業すると、「社会福祉主事」の任用資格を取得することができます。

活躍の場

保育所、児童養護施設、児童家庭支援センター、乳児院、児童厚生施設 など

短期大学士とは

本学を卒業した者に、短期大学士の学位を授与します。本学では卒業と同時に、短期大学士(保育学)を取得できます。
※正科生のみ