トップ通信教育課程の概要おだたんで学ぶ3つのポイント

おだたんで学ぶ3つのポイント

ポイント1 伝統と実績  

小田原城

本学屋上から見える小田原城
1957年の開学以来、今日まで専門的な知識と技術を学び、実践的教養と能力を身に付けた職業人を育成することで、社会的使命を果たしてまいりました。
これまで本学で学び、卒業した学生は約6700名*
卒業生一人ひとりが、現在も保育・教育現場で活躍をし、高い評価を得ています。

※ 1957年以降 保育分野での卒業生累計数


実績に基づいた教育プログラムから生まれたコース

実績に基づいた教育プログラムから生まれたコース

ポイント2 定額の授業料

授業料には科目修得試験の受講料、スクーリング料が含まれています。
万が一再試験、再受講となった場合にも年度内については同一料金、追加費用は発生しません。
※科目等履修生は年度内であっても再スクーリングの際には別途スクーリング料が発生します。
 

正科生入学金・授業料(初年度)29.5万円

科目等履修生一般入学金・授業料(初年度)7.9万円

科目等履修生特例登録料・授業料8.6万円

※上記の金額に別途テキスト代、免許・資格申請料等が掛かります。
※詳しい内訳は募集要項または学費のページをご覧ください。
学費の詳細はこちらから

ポイント3 充実したサポート

小田原短期大学通信教育課程では、通信教育課程で学ぶ学生がよりスムーズに学習を進められるよう、様々なサポート体制が整っています。
CoLS

CoLSアイコン

インターネット接続が可能な環境であれば、いつでもどこでも履修登録期間やスクーリング実施日、科目修得試験日などのお知らせを確認することができます。
オフィスアワー

オフィスアワー

本学ではオフィスアワーを設けています。学生が直接担当教員へ質疑応答を行うことができます。
キャンパスアドバイザー制度

キャンパスアドバイザー制度

教育・研究指導は科目担当教員が行いますが、その補助としてキャンパスアドバイザーが学生生活のサポートや履修指導、教育指導補助等の役割を担っています。