トップ入学・登録案内幼保特例制度

幼保特例制度

幼保特例制度について

2019年度までの期間限定の特例制度です。

幼保特例制度

認定こども園法の改正により、「学校及び児童福祉施設としての法的位置づけを持つ単一の施設」として、新たな「幼保連携型認定こども園」で働く「保育教諭」は、幼稚園教諭免許状と保育士資格の併有が必須となります。改正認定こども園法では、施行後5年間は幼稚園教諭免許状または保育士資格のどちらかを有していれば、保育教諭となることができるとする経過措置がありますが、それ以降は両方の免許状・資格が必要になります。それまでに、ご自身の勤務経験を活かして、取得をされていない免許状・資格を取得しましょう。

小田原短期大学は、幼稚園教諭免許状、保育士資格を神奈川県唯一通信教育で取得可能な大学です。

受講資格
①幼稚園教諭免許もしくは保育士資格を有すること
②3年かつ4320時間以上の実務経験がある方(見込みも可)

 

よくある質問

実務経験が2年しかありませんが、先に必要な単位を修得しておき、3年かつ4,320時間以上の勤務経験を満たした時点で申請をしたいと考えていますが可能でしょうか?
可能です。予め単位修得していただき、実務経験年数などの要件を満たした時点で申請ください。なお、本特例制度は2019(平成31)年度までの期間限定(予定)の制度となっていますので、2019(平成31)年度までに申請する必要があります。
授業内容はどのようなものですか?
幼稚園教諭免許状取得を目指す方は、テキスト履修のみ。保育士資格取得を目指す方は、テキスト履修+スクーリングが1単位分を受講することとなります。
実務の対象となる施設はどこですか?
特例制度の実務経験については、勤務先または勤務地の教育委員会・保育主管部局に必ず確認してください。実務経験は、「児童の保護に従事」していることが条件です。

幼保特例制度に対応するコース

幼稚園教諭免許状取得コース
教育制度論・日本国憲法(2単位)、幼児理解の理論と方法(1単位)、保育内容総論Ⅰ,Ⅱ・教育の方法と技術(2単位)、保育課程論(1単位)、保育者論(2単位) 計8単位

保育士資格取得コース
福祉と養護(2単位)、相談支援(2単位)、保健と食と栄養(2単位)、乳児保育(1単位)、乳児保育(※スクーリング1単位) 計8単位
※保育士資格を取得する場合は、2日間スクーリング通学が必要。

!!! 募集人数や出願日程、学費、登録資格についてはこちら !!!